シェアする

白シャツを着こなそう。おすすめの白シャツ9選とこだわるべきポイント3つ

シェアする

スポンサーリンク

白シャツをどう着るか

一枚で着る・羽織る(春・夏)

white-shirts coordinate1

参考画像(wear.jp

サイズさえしっかりと合わせられれば、一枚で着るのもそう難しくはありません。 どこでも着られる アイテムなので、このようなキレイ目のパンツでもよく合います。

white-shirts coordinate2

参考画像(wear.jp

大学生であれば、このようなベージュのチノパンをお持ちの方も多いかもしれません。白シャツとチノパンを合わせるときには、このような茶色系の革靴がよく合いますね。

white-shirts coordinate3

参考画像(ambiance.hamazo.tv

もちろんジーンズにも。ある程度 絞りの効いた、細身のジーンズにするとキレイめ寄りになります 。逆に太さのしっかりあるジーンズにすると、カジュアル寄りに着ることができますよ。

white-shirts coordinate4

参考画像(wear.jp

夏の暑い時期には、前のボタンを開けて 羽織る 着方も良いですね。こういった時期には、 柄があったり、色の濃いTシャツなどを中に着て、コントラストをつけてあげると良い ですよ。

重ねる(秋・冬)

white-shirts coordinate5

参考画像(shunguitar.com

重ね着のインナーとして、まず思いつくのはカーディガンと合わせる方法ですよね。カーディガンと合わせるときには、「 カーディガンの裾から、シャツがこぶし一つ分以上出ているなら、シャツをパンツに入れよう 」ということを覚えておきましょう。カーディガンの方が長い場合はそれで良いですが、逆にシャツが長すぎる場合はちぐはぐになってしまいがちです。そんな場合には潔くパンツの中に入れてしまった方がスッキリします。

white-shirts coordinate6

参考画像(pinterest.jp

セーターやスウェットを合わせる場合も同様です。裾がチョビッと出ているくらいが、一番白シャツの良さを活かすことができますよ。 チラリズムと同じような効果 ですね。

white-shirts coordinate7

参考画像(websta.org

最後にはやっぱり、こういったフォーマルな格好ができることも確認しておくべきでしょう。生地の項目でも書いた通り、 ブロードやオックスフォード を選べば、スーツらしい「お堅い」格好もできます。そういった場合にはスーツと同じように、パンツインしておく方が「それっぽい」ですね。ボタンを上まで閉めて、ネクタイをするのも良いでしょう。

白シャツを着て出かけよう!

今回はメンズファッション不動のエース、白シャツについて見てきました。

もちろん最優先は 値段 ということになるでしょう。大学生にとってはコスパは命ですからね。

他のポイントを見る余裕が出てきたら、サイズや生地をよく見て、どのようなものが自分の格好に合いそうか、探してみましょう!

関連記事

注意 この記事は、 の続きにあたる、トップスのサイズ選びに特化した記事です。 一般的なサイズ選び・シルエットに関するオ...
はじめに サッカーW杯の開始にともなって、テレビの前で白熱する日が増えてきましたね。 友人とスポーツバーに行ったりして、サッカー中継を見な...
「無地」という柄 今回は洋服の「柄(がら)」について考えていきたいと思います。 洋服の「柄」と言われて、あなたは例えば何を思...