ファッションアイテムを買うのに最適なショッピングサイトとは?【徹底比較】 | 「脱オタ・脱制服」から「ちょっとオシャレ」へ!

ファッションアイテムを買うのに最適なショッピングサイトとは?【徹底比較】

シェアする

はじめに

みなさんは日頃、インターネットでの買い物をどれくらい利用しておられるでしょうか。「あんまり使わないけどな〜」という方でも、amazon楽天市場という二つの大手ショッピングサイトをご存じない方はほとんどおられないと思います。

インターネット環境があれば購入した商品が家まで届くので、都市部から離れた地域にお住いの方にとっても便利ですよね。

さらに、ファッションアイテムに特化したショッピングサイトとして、ZOZOTOWNも、最近では「常識」と言えるレベルの知名度になってきていると思います。サイズ合わせが難しいファッションアイテムのネットセールスを飛躍的に伸ばしたという成果はとても大きいでしょう。

それぞれのショッピングサイトを利用したことのある方なら既にご存じかもしれませんが、amazon、楽天、ZOZOTOWNのすべてで、ある程度(以上)のファッションアイテムを揃えることができます。

ですが、この三つのサイト、それぞれにメリット・デメリットがあります。もう少し生々しい言い方をしてしまうと、同じアイテムでも、どのサイトで買うか(探すか)によって、価格や品揃えにけっこう大きな違いが出てきてしまうんです。

そこで今回は、amazon、楽天市場、ZOZOTOWNという三つの(最)大手ショッピングサイトを、ファッションアイテムを購入するという観点から、比較してみたいと思います。

さっそく行ってみましょう!

スポンサーリンク

ゴエティアクロス

ゴエティアクロス
開発元:Appirits Inc.
無料
posted withアプリーチ

大手のショッピングサイトの比較:ファッションアイテムはどこで買うべき?

amazon:★★★☆☆:豊富な品揃えと圧倒的知名度。ただファッションアイテムを探すのは…??

まずはamazonから。

知名度と品揃え、そしてサイトとしての安定感という点からすると、楽天やZOZOTOWNがかなう相手ではないでしょう。ファッションアイテムに限らず、本当になんでも揃います。

そして、amazonが販売しているものに限り、ではありますが、いろいろなカテゴリーの商品を「できる限りまとめて発送」してくれるのも、例えば楽天市場などではなかなか味わえない、嬉しいポイントですね。

様々な分野で、頻繁にセールを行なっていますし、型落ちの商品などもたくさんリストアップされています。福袋の販売があるのも、好きな方には嬉しいところでしょう。

最新の流行をamazonだけから追いかけるのは難しいかもしれませんが、何かしら目星を付けた後に、とりあえずサイズ展開や人気を調べるために、amazonのレビューなどを参照してみるのは良いでしょう。

近年ファッション関連にも力を入れているようですが、筆者としては…

ファッションアイテムを探すときにはイマイチ!

こう言うのにはもちろんいくつかの理由があります。

一つは、画像です。

楽天市場やZOZOTOWNでファッションアイテムを探していると違いがよくわかるのですが、

ファッションアイテムを探すときには、それを身につけた時の雰囲気というものがとっても重要になってきますよね。アイテムそれ自体が派手に見えるものも、身につけてみると意外に落ち着いて見えたり、あるいはその逆に身につけると意外に目立ったり。洋服屋さんで試着してみて、「イメージと違う…」となった経験がある方も多いと思います。

その点、amazonは必ずしも画像が豊富ではない。アイテム自体の写真はある程度ありますが、着用イメージにあたる画像が多くないのが現状です。

無地のTシャツのようなシンプルなアイテムだったり、スニーカーだったり、というようなリピートしたいアイテムを購入する時には、圧倒的な品揃えで力強くサポートしてくれるので、とても便利ですが、初めてのアイテムを購入するのはちょっと怖い…というイメージがありますね。

もう一つのイマイチポイントは、ポイントの貯まりにくさ

ポイントという点では、次に見る楽天市場の一人勝ち感がありますね。amazonも、ポイントが貯まりさえすれば何にでも使えるので、その点では便利です。でも、楽天に比べて圧倒的にポイントが貯まりにくい。

amazonでファッションアイテムを購入するときには、ポイントはあまり考慮に入れずセール期間を狙って直接値引きに期待するのが良いと思います。

楽天市場:★★★★★:ポイントの使い道の広さがピカイチ。画像・サイズ感の掴みやすさもGOOD

続いては楽天市場。

筆者の独断と偏見でオススメなショッピングサイトを一つ決めることになれば、迷うことなく楽天市場を選ぶと思います。

まず、amazonのコーナーで少し批判的に書きましたが、楽天市場は画像の豊富さがメリットに挙げられるでしょう。

楽天市場の特性上、様々な子ショップが商品を扱っているので、そのショップのテイストを活かしながら、様々な着用イメージを参照することができます。

こんな感じ ↓

また、画像だけではなく、ショップがオススメする着こなし方法などが商品説明に書いてあったりもするので、どんな(他の)アイテムが、そのアイテムと相性が良いかについても、情報を得られることもあります(それぞれのショップ次第というところもありますが)。サイズ感という点では、扱っているショップの店員さんなどをモデルにしつつ、個々人の着用サイズ感が書かれていることが多いのも嬉しいですね。

また、セールの多さもamazonに匹敵すると言って良いでしょう。

スーパーセールやスーパーDEAL、お買い物マラソンなど、頻繁に楽天市場全体のセールも行われていますし、個々のショップがセールを行っていることもあります。

気になったショップを見つけつつ「お気に入りショップ」登録をしておけば、セール情報やクーポンなどのおトク情報が時折送られてきます。

そして、ポイントが貯まりやすく、使いやすいというのも、楽天市場の特徴として見逃せない一つでしょう。

amazonに匹敵する、とまでは言えないかもしれませんが、相当に幅広いモノにポイントが使えるので、使いやすさはピカイチ。

TVのCMでもお馴染みの「楽天カードマン」になっちゃえば、ポイントもどんどん貯まり、別のお買い物にも活用できます。年会費も無料ですし、ポイントも貯まりやすくなる、本当におトクなカードです。

楽天カードのお申し込みはこちらからどうぞ ↓

スポンサーリンク

幻獣物語2

幻獣物語2
開発元:Lifemaker Inc.
無料
posted withアプリーチ

ZOZOTOWN:★★★★☆:ブランド・テイストをもとにしたオススメリストが嬉しい

最後はZOZOTOWN。最近は前澤友作社長が女優の剛力彩芽さんと熱愛発覚とか、月への旅行のニュースにも出てきたりと、話題をかっさらっている感がありますね。

そんなZOZOTOWNですが、セレクトショップをはじめとして、大変多くのファッションブランドの商品を扱っている点で、扱っているものの範囲はさしずめ「ファッション界のamazon」といった感じですね。

さらに、amazonとは違ってファッションのみに商品を絞っているため、着用画像や商品の詳細に渡るまでの画像が多く、雰囲気がつかみやすいのも嬉しいポイント。

※参考画像(zozo.jp

ただ、楽天市場での各ショップと比較すると、着用画像がかなりシンプルなのは長所でもあり、短所でもあると言えるでしょう。

シンプルな着こなしとしては見やすく、そのアイテムが際立つという意味では長所です。ですが、同じブランドがオススメするような、総合的な着こなしがイメージしにくいという意味では短所となるかもしれません。このあたりは好みが分かれるところですね。

また、ブランドや他ユーザーからのオススメがとてもありがたいのはZOZOTOWNだけの特徴です。amazonのオススメリストが、ファッションに絞ることでクオリティを爆上げしてきた感じ。

これまでZOZOTOWNを見てはいたけど、このコーナーはあんまり見ていなかった…という方は、これから「このアイテムを見ている人は、こんなアイテムも見ています」「このアイテムを見ている人におすすめ」の二つのコーナーをじっくり見ることをオススメします!

また地味ですが、タグ(キーワード)機能も注目に値します。

「このアイテム、見た目は好きだけどちょっと高いな…」みたいな時に、そのアイテムに似た別のアイテムを探したくなるとき、ありませんか?そんなときには、このキーワードを参考にすれば、類似アイテムを簡単に探し出すことができます。

さて、検索機能や扱われている商品の幅広さ、という点では一番オススメ、とも言いたくなる、そんなZOZOTOWNですが、短所もあります。

まずは先ほども書いた、画像のシンプルさ。ただこれは一長一短なので省略です。

もう一つは、同じ商品に絞れたときに、楽天やamazonで商品名や型番を検索してみるとわかりますが、ZOZOTOWNは基本的に商品を定価で扱っていることが多いです。

amazonや楽天では、ある程度の値引き・割引販売がなされていることも多いので、ZOZOTOWNでの検索結果が「少し割高だな〜」と思うことも多いのは確かでしょう。

ただ、ZOZOTOWNも他の2つと同じく、頻繁にセールをしているので、狙いを定めた商品は、ある程度長い目で見つつ、セールを待つというのも一つの手ではあると思います。

そしてもう一つの短所は、ポイントの使える範囲が狭いということ。

ZOZOTOWN内での使用に制限されるため、使える範囲はファッションアイテムがほとんど。ZOZOTOWNでは多少、家具や生活用品(食器など)の販売もありますが、まあほぼ誤差と言っても良い範囲。

さすがにamazon、楽天と比べると、ポイントの使える範囲は広いとは言い難いですね。

ZOZOTOWNはこちら

まとめ

今回は、ファッションアイテムの取り扱いも多い、代表的な3つのショッピングサイトを比較してきました。

筆者のおすすめは、やっぱり楽天市場。

「小狡い」と言われそうですが、筆者はよく、ZOZOTOWNで良いな〜と思うアイテムに出会って、それを楽天で検索して購入しています (苦笑

筆者が捉えきれていない各サイトの長所・短所もあるかもしれませんが、みなさんもぜひ、ファッションアイテムを探すサイトに、楽天市場を加えてみてください!

スポンサーリンク

veve(ベベ)ハイスペック層向け恋活婚活マッチングアプリ

veve(ベベ)ハイスペック層向け恋活婚活マッチングアプリ
開発元:W-ENDLESS
無料
posted withアプリーチ