新しく買ったBlundstone #550 が最強すぎた件。 | 「脱オタ・脱制服」から「ちょっとオシャレ」へ!

新しく買ったBlundstone #550 が最強すぎた件。

シェアする

前置き:新しい靴を買いました

今年の夏を振り返って

最近、新しい靴を買いました。

夏の間はずっとサンダルを履いていました。今年の夏は特に暑かったので、ここ何年かで一番、サンダルの活躍が光った年でもありました。

これです。前に書いたサンダルの記事でも紹介していました。

はじめに 今回は、サンダル特集第二弾・スポーツサンダル(スポサン)編です。 第一弾のコンフォートサンダル編に関心がある方はこちらにど...

ただ、最近さすがにサンダルでは寒くなってきたので、スニーカーや革靴を履く生活に戻ってきていました。

スポンサーリンク

リネージュ2 レボリューション

リネージュ2 レボリューション
開発元:Netmarble Corporation
posted withアプリーチ

「災害」という言葉が響いた今年の夏

今年の夏は、暑かったのと同じくらい、の印象が強い夏でしたね。

西日本豪雨があったり、台風21号が来たり。特に筆者が住む京都(あるいはもう少し広く見て西日本)では、よく雨が降った夏でした。

筆者は幸い、被災というレベルに追い込まれることは無かったですが、「災害」とか「避難」について、考えることが多かったですね。

そんなことを考えていた今年の夏。玄関でサンダルを履きながら、こんなことを考えました。

「災害のとき、避難をする時って、何を着て、何を履くのがいいんだろう?」

特にこの記事に関係するところで言うと、の問題です。

災害のときに役立ちそうな靴とは

考えてみるに、まず最初に除外されそうなのが、サンダルです。

もちろん、バッグにサンダルを放り込む余裕があったら、(特に夏には)便利だと思うんです。

でも、どんな道を歩くことになるかわからない時に、サンダル一足では怖いですよね。足の怪我が怖い。

革靴は、サンダルとは少し違う理由で怖いですよね。もともと運動用に設計された靴ではないので、災害の時には怖い。

それに、基本的に革靴は雨に強いものではないんですよね。台風を中心とした雨災害は苦手分野といった方が良いでしょう。

こういった事情を踏まえて、「雨に強いスニーカー」あたりが一番適した靴なんじゃないかな、と思っていたんです。筆者としては。

ここで考えていることは、筆者が被災した体験からではなく、あくまで災害を想像して、靴の持つ特徴(得意不得意)を考えてみた、というだけです。もちろん体験談などがあればそちらの方が説得力がありますし、筆者も被災された体験のある方々の(靴に関する)意見を批判・否定しようとするものではありません。

そんな時に出会った、最強(?)な靴

「雨に強いスニーカー」、最近では様々なものが販売されています。

今年ニュースアプリなどでよく見かけたな、と思うのがコンバースのレインシューズですね。

シンセティックレザー(合成皮革・人工皮革)素材で作られた、防水(撥水)仕様のコンバースです。

“Enjoy Rainy Day!! (雨の日を楽しもう!!)” というキャッチコピーで、コンバース公式ページにも特集号が組まれているようですね→(雨の日におすすめのシューズ・アイテム特集(コンバース公式通販ページ)

こういったスニーカーを買うことも考えました。

ただ、(これは完全に筆者の事情ですが、)今のところ、新しいスニーカーを買おうかな、と積極的に思えるような、部屋のスペースの余裕が無かったんですよね。

筆者は基本的に、スニーカーは「履き潰したら次のを買う」という自分ルールでスニーカーを買っています。なので要は、「履き潰れそうなスニーカーが無かった」ということです。

それに、最近涼しくなってきたこともあって、これから寒くなっても、しっかり活躍してくれそうな靴が欲しかった、というのもあります。

そんな時に出会ったのが、このブーツ。


※参考画像(ブランドストーン公式サイト

「ブランドストーン (Blundstone)」という、オーストラリア、タスマニア生まれのブーツです。タスマニアというと、モスバーガーのビーフパティが「タスマニア・ビーフ」だった気がします。今もそうなのかな。

サイド部分がゴムになっていて、脱ぎ履きがしやすい「サイドゴアブーツ」(”Side(横に) Gore(マチがついた) Boots(ブーツ))と呼ばれるタイプ。「チェルシーブーツ」と呼ばれることもあります。

ここからは、このブランドストーンのサイドゴアブーツが、いかに最強か!ということをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

大航海ユートピア

大航海ユートピア
開発元:BBGame Co.,Ltd.
posted withアプリーチ

ブランドストーンのサイドゴアブーツが最強すぎた件

ブランドストーンとは

1870年、イングランドからオーストラリア・タスマニアへ移住したブランドストーン夫妻によって、靴の輸入業として始まったのが、ブランドストーン社の先駆けでした。

最初は輸入業がメインだったそうですが、その後工場を設け、靴の製造を開始します。1902年、息子に引き継がれたビジネスが実り、ジョン・ブランドストーン ・アンド・サン社、現在のブランドストーン社の設立に至ります。

第二次世界大戦の勃発に伴い、オーストラリア軍からブーツの製造を請け負ったことで事業は揺るぎないものとなります。50万足以上を軍に提供。


※参考画像(ブランドストーン公式サイト

戦後の1960年代には、フットボールとの結びつきを通じて、現在のブランドストーンの代表選手でもある、サイドゴアブーツが誕生、普及していきます。1972年には、オーストラリア国内でデザイン賞を受賞するなど、名実ともに一流メーカーへと成長していきます。

ブランドストーンの進化の歴史は現在も続いており、アウトソールや衝撃吸収システムの開発など、技術革新を続けながら新たなブーツを展開していっています。

※ここまでの内容はすべて、Blundstone.jp Historyから得た情報によるものです。

各モデルの紹介

こんなブランドストーン社ですが、説明にも書いた通り、現在ではサイドゴアブーツの代表的なメーカーとして知られています。

オーストラリアでは、農業あるいは園芸のときに履くブーツとして絶大な人気を誇るそうで、スーパーでも売っているような、誰もが知るブーツだそうです。

ブランドストーン公式サイト ラインナップ

↑を見てもらうのが一番手っ取り早いですが、現在日本で販売されている同社のサイドゴアブーツにも、様々な種類があります。

500番台:Classics

ニューバランスのスニーカーと同じように、ブランドストーンのブーツはモデルごとに番号が付いています。

まずはクラシックモデル、500番台。


※参考画像(bs500

全体が茶色の#500を中心に、真っ黒の#510、ゴム部分がそれぞれ赤、青、深緑の#508, 515, 519という5つのモデルが定番のようです。

(同じClassicsのモデルに消臭ライニングを搭載した、#1455, 1456, 1615などもあります。)

ソール(靴底)を「インジェクション製法」と呼ばれる加熱圧着手法でアッパーの部分にくっつけてあるため、ソールを縫い付ける一般の靴に比べて、水の侵入を防ぐという点で抜群に優れているのが第一の特徴です。

また、革(やスウェード)でできたアッパーも、オイルを含ませるなど、優れた防水性を持っています。汚れにも強く、極めてタフなブーツと言えるでしょう。

さらに驚くべきは、その軽さ。画像を見てもらっても「堅牢」なゴツいブーツに見えますが、手に取ったり履いたりしてみると驚くほど軽いブーツです。ハイカットのスニーカーと遜色ないレベルの軽さで、驚きの履き心地を実現しています。長時間の歩行を強いられる旅行などでも活躍間違いナシでしょう。

550番台:Classic Comfort

続いて、500番台のClassicからの進化モデルにあたる、Classic Comfortモデル、550番台。


※参考画像(bs550

サイドゴアブーツの、さらに進化モデルだけあって、ほとんど見た目は同じですね。色が500番の茶色に比べて少し明るいくらい。

ただ、履いてみると全く違うブーツです。

このClassic Comfortモデルは、ミッドソール部分と、インソール(中敷き)の両方にXRDという衝撃吸収材が搭載されており、ミッドソール部分にしか搭載されていないClassicモデルに比べて、履いた時のフカフカ感が段違いです。(ちなみにClassicモデルに比べ、インソールが少し丸みを帯びている、いわゆる「カップインソール」っぽくなっているので、ホールド感も優れています。)

ちなみに、インソールだけの別売りもしていました。3000円前後(記事執筆, 2018年9月現在)とお手軽な値段設定ではないようですが、気になる方は是非どうぞ。

Blundstone ブランドストーン コンフォート インソールダークブルー メンズ レディース DKB【正規代理店商品】

価格:3,024円
(2018/9/28 18:26時点)
感想(0件)

また、靴の内側部分(ライニング)が革張りになっているため、耐久性に優れるとともに、足を入れるときにスルッと入ってくれるという特徴もあります。

06x番台:Dress Boots

続いてはドレスブーツモデル。

見た目がゴツい感じのClassicやClassic Comfortに対して、少しロングノーズ(つま先部分が長い)で、しかもスクエアトゥ(つま先の形が四角味を帯びている)になっているモデルです。


※参考画像(bs062

画像では少しわかりにくいかもしれませんが…すこーしつま先が長いの、わかりますか?

これまでのモデルと同じく防水性にはとても優れているので、スーツに合わせて使用できるようなモデルになっています。

日常的にスーツを着るビジネスマンにとっては、雨の日の靴選びは常に付きまとう課題でしょう。「ClassicやClassic Comfortでは見た目が野暮ったくなりそう」と心配な方には、こちらのモデルがおすすめです。

Warm & Dry Range

最後は番号の統一は無いですが、Warm&Dry Rangeモデル。

Classic Comfortを、さらに寒冷地用に進化させた、雪山でもへっちゃらなモデルです。

インソールにボア(もこもこ)が貼ってあり、さらにアッパーのレザー部分に断熱素材シンサレートを搭載。これでもか!というレベルの保温性を実現しています。

また、ステッチ(縫い糸)にもラテックス加工を施してあり、縫い目からの水の侵入も防ぐという徹底ぶり。

雪国の方の冬用ブーツにもバッチリなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

アート・オブ・コンクエスト

アート・オブ・コンクエスト
開発元:Lilith Games
無料
posted withアプリーチ

今回筆者が購入したブーツ

このような各シリーズがある中で、筆者が今回購入したのは

Classic Comfort #550

というモデルです。

抜群の履き心地・ホールド感

ちょうどお店に#500もあったので履き比べさせてもらったのですが、上にも書いた「進化形モデル」だけあって、履き心地が全然違ったんです。フィット感というか、ホールド感というか。

Classicモデルの#500を履いた時にも驚きはしたんです。あまりにも軽かったので。でも、その次に履いたClassic Comfort #550の前には、その驚きもかすんでしまうレベル。段違いの履き心地です。

また、これはどのモデルにも言えることですが、ゴツい見た目から連想されるであろう、革の硬さはぜんぜんありませんでした。購入後1週間くらい、毎日履いていますが、靴擦れができたり足に痛みを感じることはありません。

いろいろなレビューなどを見ると、靴擦れができている方もおられるようなので、個人差(あるいはブーツの個体差)はあると思います。ですが、表立って「革が硬い」と書いてあることは少ないので、(軽さもあいまって)比較的靴擦れを起こしにくいことは確かだと思います。

上でも書いた、インソールに(ミッドソールにも)搭載されている衝撃吸収材。この黄色い部分が、ふかふか感の正体です。

脱ぎ履きがカンタン。スポッと履いて、スルッと脱げる

また、ブランドストーンに限りませんが、多くのサイドゴアブーツに特筆して言えることが、脱ぎ履きのしやすさです。

特にブランドストーンのブーツは、履く時には、ブーツの頭に前後2つ付いているプルストラップ(値札みたいなやつ)に指を引っ掛けて体重をかければ、スポッと履けます。脱ぐのもカンタン。

こういった点は、旅行や出張で飛行機に乗る機会が多い方にも嬉しいですよね。

筆者は飛行機に乗るとまず最初に靴を脱いでしまいます。狭い機内でかがんで靴紐を解いたりしなくて済むので、脱ぎ履きのしやすいサイドゴアブーツは特にありがたいわけです。

雨に降られても心配ナシ!高い防水性

もちろん、脱ぎ履きが簡単な靴はたくさんあります。スリップオンタイプのスニーカーとか、革靴でもローファーとか。

その中でもブランドストーンが光るのが、高い防水性。旅行で怖い、突然の雨でもへっちゃらです。

登山グッズに身を固めた、ガチな登山は辛いかもしれませんが、ちょっとしたハイキングなどにも向いています。実際、夏フェスなどに履いて行っている方も多いようですね。

上でも書きましたが、素晴らしく軽いブーツなので、長時間の歩行も大丈夫。

全面がラバー素材でできたブーツ(手っ取り早く言うと「長靴」)に比べると、ブランドストーンは革素材なこともあって蒸れにくい(まったく蒸れないというわけではありませんが)、というのも嬉しいポイントです。

シンプルで無駄のないデザイン。どんなコーディネートにもハマる!

ブランドストーンの凄さはもちろん、その機能で十分にわかっていただけると思います。

靴紐がなくて履きやすい、ほぼ完全防水の、しかも軽くて履き心地も抜群なブーツ。

機能だけを見ても、欲しがる人がたくさん出てきそうですよね。

でも、ここであえて書いておきたいのは、機能についてではなく、そのデザイン、つまりは「見た目」です。

もちろん細身の革靴に比べればボリュームがあってゴツいですが、履いてみるとあまりボリュームを感じさせない、細見えブーツです。

また同じブーツでも、靴紐があるとハトメ(靴紐が通る穴)が金属で縁取られていたりして、どうしても足の甲がごちゃごちゃしがちですよね。


※参考画像(JUGEM Blog

その点、サイドゴアブーツは足の甲がツルンとしているので、見た目がとてもシンプルです。

色も落ち着いた革靴と同じような色が多いですし、スウェードのモデルもあります。

ブランドストーンの母国オーストラリアでは現在でも園芸・農業シーンで着用されるということもあって、ジーンズやチノパンといった、もともとのルーツを仕事着に持つパンツとも相性は抜群です。特に大学生の方は、普段着でジーンズ・チノパンなどを履く機会も多いでしょうから、これは嬉しいですよね。


※参考画像(ブランドストーン公式サイト

ボトムスをフルレングスで履いてサイドゴアの部分を隠すも良し、スソを何度か折り返して、サイドゴア部分を見せて履いてもスタイリッシュです。

もちろん、例えば上で書いたDress Bootsモデルなどを選べば、スーツでの着用だったり、キレイめなファッションとも上手にマッチしてくれます。

スッキリとして見えるシンプルなデザインのブランドストーンは、ファッションシーンでも、幅広く活躍してくれるブーツです。

もちろんそこに上でも書いていた山盛りの機能がくっついてくるんですから、そのオススメ度合いと言ったら…(回し者ではありません苦笑)

ブランドストーンの機能を始めとして、着用イメージなど、ブランドストーン公式サイトが提供するマガジンからも見ていただけます。

MAGAZINE ブランドストーン公式サイト

ブランドストーンのブーツにあえて文句をつけるなら

本当に、「あえて」文句をつけるなら、です。実際筆者は#550を購入してみて、本当に満足しているので。

それは、基本的にブランドストーンのブーツは、ソールの張り替えに対応していないという点です。

これは、上でも書いた防水機能を確保するために犠牲になっている点でもあります。

通常ソールの交換ができる靴は、ソールがアッパーに縫い付けられているため、縫い付けている糸を切ってしまえば、ソールが交換可能です。

ですがブランドストーンは、その縫い目からの水の侵入を防ぐため、ソールを加熱圧着するという製法を取っています(上に書いた「インジェクション製法」です)。

そのため、ブランドストーンのブーツはソールの交換ができない、つまり一生モノのブーツではなく、履き潰したら買い換えるタイプのブーツである、ということですね。

まあ、オーストラリアに行けばスーパーやホームセンターで売っているブーツらしいので、ことさら「一生モノ!」として取り扱うほどではないのかもしれません。

愛着は一足の中で育て上げていくというより、「履きつぶしては買い直して」というサイクルを続けて、「今履いてるのは4代目なんだ〜」という仕方で育て上げていく、というのも良いかもしれませんね。スニーカーと同じような感じです。

ブランドストーンを購入する時には、サイズに気をつけよう

他のレビューでもよく書いてありますが、ブランドストーンのブーツを購入する際には、サイズが問題となることが多いようです。

筆者が購入したサイズは8というサイズでした。

ブランドストーン公式サイトにあるサイズチャートは以下のようになっています。

ここだと8というサイズは26.5cmに対応しているとあります。

筆者は通常、スニーカーは28~28.5cm、革靴だと27~27.5cmあたりのものを購入することが多いです。

もちろん足の形(甲高とか、幅広とか)にもよりますが、通常のサイズ表示に比べて、ブランドストーンのブーツは作りが大きく、そのため通常よりも小さめのサイズをメインに考えるのが良さそうです。

念のため、筆者が履いている(履いたことのある)靴のサイズを載せておきますね。

  • コンバース・ジャックパーセル:28cm
  • アディダス・スタンスミス:28cm
  • オニツカタイガー・Mexico66:28cm
  • ナイキ・Air Max 1:28.5cm
  • プーマ・フューチャーキャット:28.5cm
  • ニューバランス・996:28cm
  • Teva・ハリケーンボルト:US9, 27cm
  • BIRKENSTOCK・ボストン:EU42, 27cm
  • Redwing #8166:US9, 27cm

筆者は店頭で購入したので、試着をさせてもらえましたが、ネット購入を考えておられる方は、十分にサイズを吟味したり、返品交換などに対応してくれるお店を選ぶことをおすすめします

スポンサーリンク

リネージュ2 レボリューション

リネージュ2 レボリューション
開発元:Netmarble Corporation
posted withアプリーチ

まとめ

ブランドストーンのサイドゴアブーツは、秋冬用のブーツとしてだけでなく、ハイキングやフェスといったアウトドアシーン、梅雨時期を中心とした雨の日の通勤・通学靴、旅行シーンに至るまで、とっても幅広く活躍してくれるブーツです。

これだけ機能的で、さらにはファッション性にも優れたブーツはなかなか無いはずです。

決して安い買い物ではないかもしれません。でも「安物買いの銭失い」には決してならない、優秀なブーツですよ。

筆者も、今年の冬はこのブーツで乗り切ってやろうと思っています。そしてできれば、冬だけでなく一年中活躍してくれればいいな、とも思います。

またもう少し時間が経ったら、経年変化などのレビューもしてみようと思っていますので、お楽しみに!

関連記事

はじめに 今回はスニーカーについてです。 アルバイトで塾講師など、服装に気を遣う仕事をしている方は履く機会に恵まれないかもしれません...
はじめに 今回はスニーカー、サンダルと並んで「脱オタ」「脱ダサ」に欠かせない、 革靴 について見ていこうと思います。 ス...
はじめに ※参考画像(Dcollection) ファッションに関する格言を探してみると、おそらく一番最初に見つけられる格言に ...
はじめに 今回は、サンダル特集第二弾・スポーツサンダル(スポサン)編です。 第一弾のコンフォートサンダル編に関心がある方はこちらにど...
はじめに 今回は、サンダル特集最終回です。レザーサンダルを中心として、前回・前々回で紹介しきれなかった(ならびに、筆者が「これ欲しい!」と...